最大で40万円補助?

さて気になる補助金の金額ですが、普通車には25万円、軽自動車には12.5万円が支給されます。しかし選ぶ車種、条件によっては最大40万が支給されるケースもあります。もうご存知の方はいらっしゃるかとおもいますが、今年四月から自動車重量税と所得税をハイブリッド車は完全免除、また低燃費車もガス排出性能によって最大75パーセント減税される政策が実施されています。つまりこの減税政策と今回の補助金を併用すれば、トータルで40万ほど負担額を減らせるということになるわけです。具体的な例を出しますと、13年以上乗っていた車を廃棄してトヨタのプリウスに乗り換える場合、補助金25万円にくわえて減税約15万円がプラスされるので、ジャスト40万安く買えるということになります。

また、購入後13年に満たなくても2010年度の燃費目標基準を15%以上達成した車を購入する場合、普通・小型車で1台あたり10万円、軽自動車は5万円を補助してくれるようです。